書籍詳細

おいぬさま

柳田国男/原作 京極夏彦/文 中野真典/絵

怪談の原点『遠野物語』が、京極夏彦による新たな語りでよみがえるシリーズ、第二期。遠野の地で神の使いとしてあがめられるお犬様。その正体は......? 山もどよめくほどの大群で馬方に襲いかかり、火も怖がらない恐ろしい野獣! 遠吠えの真似をした老人をつけまわし、うなり声をあげながら、一晩中家の周りをぐるぐると周り......。その翌朝、老人が見たものとは!?  人間の魂に刻印された恐怖を、気鋭の絵本作家・中野真典が全身全霊をこめ、荒々しく描きました。


特集ページはコチラ

シリーズ 京極夏彦のえほん遠野物語 第二期
ジャンル 2019年度ちゅうもく!国語新刊読み物・絵本近刊
対象 小学校低学年から
ISBN 978-4-8113-2480-7
NDC 913
発売日 2018年04月
判型・ページ数 A4変形判 32ページ
定価 1,500円+税
  • アマゾンで購入
  • 楽天で購入
  • hontoで購入

関連書籍

はだしのゲン

/special/hadashinogen/

  • もっと見る

図書館セット

図書館・学校関係者様へ

ジャンルで探す

Twitter