おしらせ

2018/09/12/(水)更新

【お知らせ】『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』が「中國新聞」(9/20)で紹介されました。

『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』が「中國新聞」(9/2)の「青春文学館」のコーナーで紹介されました。


「青春文学館」は小学生から高校生までの読者が、心を射抜いた本を紹介するコーナーです。

今回は尾道市の小学6年生の読者からのおすすめです。


「・・・ぼくは、ムヒカ大統領の言った言葉に感動しました。それは「幸せこそがもっとも大切な宝」という言葉です。自分がどんなに大切な宝物を持っていても、幸せでなければ、そのことをうれしいと思うことができないとぼくも思うからです。・・・」と紹介されています。


本作品の詳細はコチラ